コスメ使用層の低年齢化

車買取 10万キロ以上

10万キロ以上の走行距離になると車は売れないと思っていませんか?実は一括査定サービスを使うと過走行車であっても高く買取をしてくれる買取店を見つけることができます。近くのディーラー、買取店に持って行って査定0円になっても諦めずに複数業者の一括査定ができるサービスで10万キロ以上の走行距離車であっても納得価格の売却業者を探してみましょう。

売却時に必要な書類を揃えて査定額UP

車の売却時には必要な書類が複数あります。
紛失していたりすると売却できなかったり、再発行、再交付に費用がかかりマイナスになりますので必ず揃えておくようにしましょう。

以下が車の売却時に必要な書類となりますのでしっかりと保管してあるか査定前に確認をしておきます。

車の売却時に必要な書類

車検証

これは必ず必要な書類です。
これがないと車を売却することができません。紛失した場合は管轄の陸運局にいって再発行手続きをする必要があります。

車検証のアリ、ナシで査定額に影響はありませんが、スムーズな売却をするためには必ず必要。というか持っていなくてはいけないものです。

自賠責保険

自賠責保険も車の購入時に必ず支払いをしている法定費用となります。
期間が残っている場合には還付金がもらえたりするので多少の査定額UPに繋がります。

取り扱い説明書

自動車の説明書になります。
紛失する人が多いですが、あった方が評価も高くなります。新しく乗る方にとっても大切な説明書なので紛失していると査定額マイナスの対象です。

整備手帳

査定額UPさせる最も有効な書類が整備手帳です。
新車で買うとついてきているので点検、車検などを行った時にどの部分を修理したのなどを記しておく手帳になります。

しっかりと記入されているとメンテナンスを行っていることがわかり査定評価も高くなります。


上記はあくまで車の売却時に必ず必要な書類でもあります。
他にもいくつかありますが、この4点は大事なので査定前に必ず保管されているか確認をします。

特に整備手帳のあり、なしは査定額にも影響を与えてきます。
買った時からない場合はしょうがないですが、ある場合には点検、修理、車検を受けた時などは整備工場の人に書き込みをしてもらいましょう。

売却時に差がでてきます。